花崎叶和(はなさきとわ)

1966年7月生まれ

        
        

5歳から日本舞踊を始めました。師匠は叔母でした。母が築地生まれということもあり、着物の生活が自然であり、和のお稽古はごく当たり前のことだったと思います。

日本舞踊は、坂東流にて、キエフ等国内外等の舞台を経験しました。その後、地唄舞山村流の門戸をたたき、地唄舞の基礎を学び、現在、花崎流家元花崎杜季女に師事しております。

現在、世田谷区社会福祉協議会により成城地唄舞の会主宰。

地歌(三味線)は、富山清琴(人間国宝)の流れ、いわゆる富筋の生田流筝曲、地歌三絃の清松会富緒清律に師事し、名取のお許し(名取名:清叶和 せいとわ)をいただいております。

端唄(唄・三味線)は、栄芝流家元栄芝に師事し、名取のお許し(名取名:芝政 しばせい)をいただきました。

 

私は、銀行、証券会社、外資系コンサルティング会社等を経て、税理士でもございます。仕事という「日常」の世界に邁進する中で、舞という「非日常」の世界に身を委ねることで、今まで、自身の心のバランスを維持していたよう思います。

これからは、私を支えてくれた、この芸道を真摯に歩んでいきたいと考えております。

 




『縮景園』広島県広島市中区上幟町